自然豊かな環境の演出に役立つ!壁面緑化の効率的な管理方法を知ろう!


建物の壁を植物で覆うことで得られる利点

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせた状態を指します。成長が早く、葉を多く茂らせる品種が用いられるのが一般的で、壁全体が植物に覆われて緑一面な状態になるのが特徴です。壁面緑化は建物の外観を緑で覆うことによって人工物の冷たいイメージを軽減させ、自然が豊かに見えるように演出出来る効果があります。また、植物で覆うことによって日光を遮断し、建物の室温が急激に上昇するのを防ぐことも可能です。二酸化炭素の吸収も促進されるので地域のヒートアイランド現象を抑制することも出来ます。鳥や虫などの小動物が巣を作るのに適した環境になるのも壁面緑化がもたらす効果の一つですが、糞や鳴き声などのトラブルに繋がる可能性もあるので注意が必要です。

壁面緑化を枯らさないための工夫と管理の方法

壁面緑化は壁全体に植物を這わせることから、病気や害虫の被害が生じると著しく見栄えが悪くなってしまう問題があります。品種によっては枯れ葉が飛散して周囲を汚損する他、枯れた蔓や枝が垂れ下がって不潔な印象を与えてしまうこともあるので速やかに対処する必要があります。壁面緑化を良好な状態に保つためには日頃から水や肥料の与え方に気を配り、不具合が生じないように定期的な確認を行うのが重要な条件です。特に病気によるトラブルは一度発生すると被害が拡大するので、必ず専用の薬剤を使って早期に解決することを心がけます。また、頑丈で枯れにくい品種の植物を選ぶのも壁面緑化を長持ちさせる工夫の一つですが、地域環境に適した品種でなければ成長が遅くなってしまうので正しい栽培方法を厳守することが大切です。

壁面緑化とは、建造物の壁で植物を育てることです。これにより建造物の表面温度の上昇を抑え、地球温暖化に効果があります。また、壁で植物を育てるため、土地面積が極端に少なくて良いのが特徴です。