屋上緑化を行うメリットについて


屋上緑化は建物の屋上部分に樹木や芝生を植えて緑化する行為を指します。植物は二酸化炭素を吸収して酸素を排出するので、気候の温暖化に繋がる二酸化炭素の増加を抑制することが可能です。また、植物で建物を覆うことによって高い遮熱性を得られるのもメリットの一つです。建物が日光に晒されると温度が上昇します。特に都市部では密集した建物が一気に熱を持つのでヒートアイランド現象が起きやすくなります。屋上緑化で温度の上昇を抑えることにより、ヒートアイランド現象を防ぐことが出来るようになります。

また、屋上緑化は都市部に植物の緑をもたらすことでリラックス効果が得られるのも特徴の一つです。植物の緑を見ることで精神的に落ち着くのが医学的に証明されていることから、都会での癒しのスポットとして注目されています。

自分で出来る屋上緑化と安全対策の重要性

住宅で屋上緑化を行う場合、地面に対して水平になっているスペースを確保することが最も重要なポイントです。日本の住宅物件は三角屋根が多いので、屋上緑化の名称でありながらベランダを緑化するのが一般的な方法になります。植物を植えたプランターや植木鉢を並べるだけでも簡易的な緑化作業になりますが、植物と土壌以外にプランターなどの容器の重量も加算されるので、建物の耐久性には細心の注意を払うことが大切です。また、風雨によってプランターごと飛散する可能性もあることから、金具による固定やネットを張ることでトラブルを避ける工夫が必須になります。

緑化作業は一過性の物ではなく、年単位で継続するのが良い効果を得るための条件です。そのため、事前の準備と安全管理は徹底して行うのが社会的な責任になります。

屋上緑化は主に都市部のオフィスビルで広く用いられつつある手法で、ビルの屋上や壁面部に植物を設置する事で、二酸化炭素などを効率よく吸収してヒートアイランド現象を軽減させる効果が見込まれているものです。