時計はアナログがやっぱり雰囲気がある!アナログ時計の魅力


アナログとデジタル、それぞれの長所

時計は大きくアナログとデジタルに分けられます。そしてどちらにもそれぞれの長所があります。
アナログ時計の長所として「感覚的に時間がぱっとわかりやすい」という点を挙げる人は多いのではないでしょうか。子どもの頃に「時計の読み方」をしっかり習うせいか、長針と短針の位置関係で、すばやく今が何時何分くらいかを把握できます。デジタル時計の数字を見ても、頭の中でアナログに置き換えないとぴんと来ないという人もいるかもしれません。また、たとえば「10時まであと何分」といったようなことも感覚的につかみやすいのも長所として挙げることが出来ます。
一方で、デジタル時計の長所は、数字で正確に時間がわかるところです。アナログ時計だと「だいたいこのくらい」という感じでつかみがちですが、デジタルだと数字ではっきり表示されるので曖昧さがありません。正確に時間を計りたい場合などにはデジタルの方が便利と言えるでしょう。また、デジタル時計は他にもいろいろと多機能な場合も多いので、人によってはその便利さを重宝するでしょう。

アナログ時計の存在感の素敵さ

アナログ時計とデジタル時計、時計の機能としての長所はそれぞれにあります。でも、アナログ時計は、デザインとして好きだ、という方も多いのではないでしょうか。文字盤の上を動いてゆく長針と短針、そのいかにも「機械です」といった作りはなんとなくけなげさを感じさせます。また、文字盤や針はそれぞれにデザイン性を持たせることが出来ます。デザインの多様性といった面ではアナログ時計はデジタル時計に勝ると言ってよいのではないでしょうか。いかにも「時計」らしい存在感、それがアナログ時計の魅力です。

ブライトリングは、スイスの高級時計メーカーです。コックピットに搭載する計器を開発するなど昔から航空業界と密接な関わりを持ち、精度や機能性の高い製品を手がけています。